市内には、江戸時代の町家住宅である重要文化財「喜多家住宅」、農具や民具を展示している市有形文化財「旧魚住家(郷土資料館)」、縄文時代後期から晩期の大規模な集落跡の国指定史跡「御経塚遺跡」、中世加賀国の守護として野々市に館を構えた富樫氏を祀る「布市神社」、北陸最古の古代寺院跡で市有形文化財「和同開珎銀銭」が見つかっている国指定史跡「末松廃寺跡」などがあり、古代より受け継がれた歴史・文化など多彩な魅力を見せてくれるまちです。

国指定史跡 御経塚遺跡

重要文化財 喜多家住宅 庭園

布市神社(住吉の宮)

  • 国指定史跡 御経塚遺跡
  • 重要文化財 喜多家住宅
  • 布市神社(住吉の宮)
  • 富樫館跡
  • 市有形文化財 旧魚住家
    (郷土資料館)
  • 農事社跡
  • 徹通和尚荼毘の墓
  • 国指定史跡 末松廃寺跡

郷土資料館

国指定史跡 末松廃寺跡